伊知郎の紙芝居
 
今昔物語世俗部巻第二十四、第二話
 
高陽親王、(かやのみこ)人形を造りて田の中にたてたる語(はなし)
 
今は昔、高陽親王と申す人がおいでになりました。この方は桓武天皇
のお子達であります。大変物を上手に細工なさる方であります。
 
京極寺と云う寺がありますがその寺はこの方が建てられた寺であります。
その寺の前の河原にある田はこの寺のものであります。
 
或る年旱魃でさわがれていた年、賀茂川の水を引いて作っている
田ですから、その川の水が絶えたなら、庭のようになって、
苗も枯れてしまいます。
 
ところが高陽親王は高さが四尺ほどの子供が左右の手に器を捧げて
立っている人形を御作りになり、これを田の中に立てまして、人々が
その子供のもっている器に水をいれますと器が捧げられて顔に流れる
しくみにおつくりになりましたから、これを見てた人は水を汲んでこの器に
面白がっていれていました、これを聞いた京中の人は、おもしろがって
次から、次へと参りましたので、田に水が満ちました。それでこの田は
ひえ上がらなくて済みました。これは大変結構なものでした。これは親王の
大変上手に物を御つくりになり、風流の至るところであると人は褒め称えた
ということでありました。
(風流の至るところなりとぞ人ほめけるとなむ語り傳へたるとや。)
 
いまより千年ほど前に、アイデアの価値を認めています。
私は千年前も今も変わりないとおもうのですが、どう思います。
他にも、今の世と変わりない、話があります、続いて書きたいのですが
訳するあいだ、暫く、まってください。