伊知郎の紙芝居

 
今昔物語世俗部巻第二十四、第三話
 
小野宮(おののみや)の大饗に
九条大臣の得たる打衣(うちぎぬ)の語(はなし)
 
今は昔、小野の宮の大臣が大宴会をなさったとき、
九条の大臣は主賓でいらっしゃいました。
 
その時の贈り物に戴かれた女の衣装は紅の着物でありました。
 
それをお渡しになるのに、お急ぎになっていたのか、
すべらせて、水に片袖を落とされました、あわてて、
とりあげられましたから、水はぱらぱら落ちました。
 
その濡れた方の袖は、いっこうに濡れたようにも見えませんでした。
濡れない方の袖と見比べるのですが同じようしか見えませんでした。
 
これを見た人は、この着物の出来ばえを誉めて感心いたしました。
 
昔のものは、丁寧に打ってありますから、いいですねぇ・・・
今のものは、こんなものが少なくなったなぁと語り伝えたるやと。
  千年前に現在と同じようなことをいっております。