医師の家に行き、腫れ物をなおして逃げた語

         世俗部巻24話第8話 後編
 
大変可愛そうに思い、この医師は、今までになかった秘策も使ってみようと思い、その日から、他の人も寄せ付けないで、自ら、たすきがけなどして、昼夜つくしました。
七日ばかり、手当てを致しましたので良く治ってきました。
医師は大変うれしく思いまして、今しばらく、このままにしておこう、その間にどこの誰かを確かめてから、帰しましょう、と思い、冷やすことはやめて、茶碗の器に何薬をいれ、摺りいれた物を鳥の羽をもって、日に五六度つけるだけになりました。
医師も、うれしさでうきうきしています。
女の人がいいました「大変、恥らわしいものをお見せいたしました。あなたを偏に親とおもっております。それで帰る時はお車で送ってくださいませんか?そうすれば私の存在も、判る事でしょうから、また、しょっちゅう参ります。」といいますから、
医師は今、四五日はいるであろうと心がゆるみました。
夕暮れに女は、寝巻きの薄い着物を着て、女の童を連れて逃げたのでしたが、医師はそれとも知らないで「夕飯を持って行こう」と盆にいれて、自身で持ってきたのですがおりません。手など洗いにいってるのだろうと思って、食べ物を持ち帰りました。
しばらくたって、今度は火を灯さないと思い火を燈台につけて持って行きましたが、衣などもぬぎちらかして、櫛の箱もありましたが見当たらない。屏風の裏などにかくれて、ふざけているのだなぁ、などと思い、「かくれていても、わかりますよ」といって屏風の後をみるがいない、女の童もいない、衣などみんなあるのに、薄い夜具だけがない、ああ、その夜具を着てにげたのだなあと思えば胸がふさがり、どうすることもできなかった。
女がいなくなれば、その女の顔や有様、が面影になって、恋しいやら、悲しいやらでいたしかたがない、病気なんか治さず本意をとぐべきであった。何のために治療して治してやったんだ、妻がいないんだから、遠慮などせんでよかったし、その女が人妻であっても、妻にせなくても、ときどき交際すればよいものだし、つくづく、こんなことを考えていたが、このように逃げられたのでは、と手を打ってくやしがり、足摺りをして泣いていたので、弟子の医師らは、ひそかに、いみありげに笑っていました。
思いますに、この女は大変わる賢い女であります。ついに、それは誰であったかは知れずでしたと語り伝えたるとや。
この話はこれでお終いです。
ご拝聴ありがとうございます。
伊知郎